FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇夜の指令05


「うぐ・・・むぐぅ。」
 とあるホテルの一室。男の呻き声が聞こえる。男は両手を後ろ手に縛られており、目にはアイマスクを装着されている。男の目には暗闇しか映っていないはずだ。男は全裸でベッドの横に跪いている。そして何かをしゃぶらされている。それはわずかな塩気があり、温かく固さのあるものだった。

「先輩、夢みたいですよ。憧れの先輩がこんな風に僕のチンポをしゃぶってくれるなんてね。嬉しいなあ。いやあ、がんばってネカマした甲斐がありましたよ。まんまと罠にはまってくれるなんてね。先輩相当溜まってたんですね、くくく。」

 聞き覚えるのある声が頭の上から聞こえてくる。今年入社したばかりの後輩の声だ。自分のデスクのすぐ後ろにいるやつだ。彼が就職活動でOB訪問してきた時から丁寧に接してきたつもりだ。何でこんな目に合わなければならないのか。

「初めて見た時から先輩をおもちゃにしようと思ってたんですよ。そのために大手を蹴ってこの会社に入ったようなもんです。しかし先輩の走りは良かったですよー。最高でした。先輩知ってますか?最近、監視カメラってネットで操作できるのが結構あるんですよ。管理者がパスワードとか設定してなくて、自由に操作できるんです。駐輪場の監視カメラも当然僕が乗っ取って録画させてもらいましたよ。見てみますか?」

 アイマスクをずらされ、突如暗闇から解放された。目の前のタブレットに自分の姿が映る。駅前の駐輪場でギャラリーに囲まれながら全裸でダブルピースしている姿だ。全て動画で撮られている。顔も鮮明にしっかり確認することができる。これでは何も言い逃れができない。嫌な汗が流れてくる。

「くくく。予想以上でしたね。この先走り!・・・先輩には我慢汁って言った方がわかりますかね。エロいですねー。どこからどう見ても変質者ですよ。会社の連中には見せられないなあ。でも先輩、すでにツイッターで先輩の動画が出回ってるんですよ!流したのはこのカメラに映ってるオタクっぽいやつですかねー。ちょっと距離があるんで顔がぼやけてますけど、ばれなきゃいいですね。」

 後輩のいきり立ったものを口に咥えさせられながら、自分が奈落の底へ転落してゆくような気がした。破滅の足音が聞こえる。そして、全裸マラソンが地獄の序章でしかないことを知った。

「先輩、これからも楽しませてくださいね!もうずっと僕のおもちゃですからね!そうそう、もうすぐハロウィンですよ。先輩にやってもらいたいコスプレがあるんですよー。今から楽しみだなー。」

 がんがんと耳鳴りが酷くなり、後輩の声が聞こえなくなってくる。眼前のタブレットの画面から勃起させたまま全裸で人ごみをすり抜けて走り去る男の姿が見えた。再び、暗闇が戻った。

 10月末日。自分は大き目のワンボックスカーの中にいた。着衣はない。靴下さえ履いていない完全な全裸だ。両手は後ろ手に親指を結束バンドで結ばれている。こんな小さな紐でしかないのに全く手を動かせない。完全に拘束された状態だ。
「先輩、ついに来ましたよー、ハロウィン。確か先輩ハロウィンデビューですよね?いきなり人気者になれますよ。じゃ、始めにこれで・・・。」
 股間にクリームが塗られた。缶には除毛クリームと書いてあるのが見える。
「先輩には「変態」のコスプレしてもらいますよ。わかりやすいように書いときましょ!」
 胸から腹にかけて、油性マジックででかでかと「変態」の文字が書かれた。
「これで誰が見ても変態ってわかるでしょ?あとは・・・。」
 後輩がリュックから丸い金属製の輪を取り出した。
「先輩、この前飲んだドリンク今日もちゃんと飲んで来ましたよね?あれ結構効くでしょ?先走りもいっぱい出たしね。で、このコックリングをつけて・・・。」
 後輩が金属製の輪に性器を通し始めた。輪の直径が小さくかなりのきつさを感じる。睾丸の部分と竿の部分がきゅっと前に押し出され、いつもより強調されているように見える。
「これで勃起させますよ。小さいリングなんで一度勃起したら簡単には戻んないですよ。」
 後輩の手が亀頭を刺激し始めた。このまま勃起してしまえば自分はどうなるのだろう。必死に勃起を我慢したが、やがて生理現象は起こり始めた。
「先輩、勃ってきましたねー。気分はどうですか?もうすぐ先輩の人生が終わるんですよ!全裸でパイパン、体にはでかでかと変態の二文字、勃起させ続けながら手で隠すこともできず、渋谷のど真ん中に置き去りですからねー、くくく。人生の最後を変態として楽しんでくださいよ。」
 これは何かの間違いではないだろうか。自分は悪夢でも見ているのではないか。想いとは裏腹に規則的な指の動きに勃起は固さを増した。

 しゃーっと大きな音を立ててワンボックスカーの扉が開いた。
「交通規制があるんでここで降りてもらいますよ。自力で交差点まで歩いて行ってくださいね。辿り着けたら・・・ですけど、くくく。」
 目の前にお祭り騒ぎで狂乱した渋谷の街が広がる。仮装した楽しそうな人の波。
「じゃあ行くよ!ハッピーハロウィン!」
 思い切り尻たぶを蹴られ、車から転げ落ちた。全裸の変態が渋谷の街に産み落とされた。死刑宣告のようにワンボックスカーの扉が閉まり、車が動き始める。人々の群れの中心で、台風の目のように全裸の男が立ち尽くす。完全に勃起した性器が天を指し、赤く膨れ上がった亀頭はその大きさを誇示し、切れ目からうっすらと粘液が見え隠れしている。
 一人の男がある意味で死んだ。そして、変態が誕生した。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tensiman19

Author:tensiman19
珍芸パフォーマー天使マンです。裸踊り、チンポ芸など無償で披露してます。忘年会などで宴会、イベントなど呼んでみたい方はメールで→ tensiman19@gmail.com 羞恥芸動画などはツイッターで流してます→ https://twitter.com/tensiman19 
羞恥系M男小説も執筆中!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。